イベント情報

■ 2017年11月17日

第48回 経営同友会特別講演会を開催致しました

会員及び会員企業の社員、本学教職員、本学学生、特別参加の方など計116名の参加を得て盛大のうちに終了することができました。 研究紹介・講演会に引き続き行われた交流懇親会には計95名の方が参加され、学内の研究者との活発な交流が行われました。 経営同友会の役員と協力していただいた学内の教職員の皆様に御礼申し上げます。


日 時 平成29年11月13日(月)


場 所 東京電機大学 千住キャンパス 1号館2階 丹羽ホール


参加費 無料


■研 究 紹 介 17時00分~18時00分

「大学におけるIoT/M2M領域の研究について」

 17時00分~17時30分

 理工学部理工学科情報システムデザイン学系

 神戸 英利 教授

 

「NEMP(核爆発による電磁パルス)攻撃の実相とUWB研究」

 17時30分~18時00分

 工学部 情報通信工学科 

 小林 岳彦 教授


■特 別 講 演  18時10分~19時10分

「産業生態系の大変革と次世代のビジネスモデル」

特定非営利活動法人産学連携推進機構 理事長

妹尾 堅一郎 氏

 

 

【概 要】
IoT、BD(ビッグデータ)、AI、ロボット等々からゲノム編集まで、技術の革命的進展は、産業生態系自体を大きく変革させ、従来のビジネスモデルを覆しつつある。特に「製造業のサービス化」が著しい。また、産業生態系の変容は、産業における競争原理自体も変容させる。例えば、トヨタのライバルー、ブリヂストンを挙げる。なぜか?競争原理が、従来の「同業者のシェア争い」から「産業生態系全体の主導権争い」に変わったからだ。本講演では、このような議論の概要をご紹介する。

 

【プ ロ フ ィ ー ル】
慶応義塾大学経済学部卒業後、富士写真フィルム株式会社勤務を経て、英国国立ランカスター大学経営大学院博士課程満期退学。産業能率大学助教授、慶応義塾大学大学院教授、東京大学先端科学技術研究センター特任教授、九州大学客員教授等を歴任して現職。現在も東京大学や一橋大学で大学院生を指導。ビジネスモデルと知財マネジメントに関する研究と教育を続ける。著訳書多数。平成20年度産業財産権制度関係功労者表彰 経済産業大臣表彰。

 


・写真

 

 

◆お問い合わせ
Tel:03-5284-5145 (月,火9:00~16:00、木,金10:00~17:00) 
mail:doyukai@jim.dendai.ac.jp

東京電機大学経営同友会事務局