事業推進状況

平成28年度 事業報告

 

 平成28年度は従前より実施しております特別講演会、学園の研究紹介、学園との産学連携活動、会員名簿の改訂版発行などを実施しましたほか、学園と産業界との連携方法についての新しい取り組みを開始、また、経営同友会発足15年を迎えたことを契機に設立以来の年史の編纂なだ新しい活動も行いました。

 特に産学連携活動の新しい取り組みとして産官学交流センターと共同で「研究実用化会議」が開催できたことは今後の産学連携活動に大変役立つと思います。

 学園は産業技術・先進技術など個別技術分野での研究を推進しているなか、社会は情報ネットワークやコンピューターシステム、エネルギー技術、電子技術、メカトロニクスなどを融合したスマート社会が進展する時代に変わってきており、産業界は急激に変化していくスマート社会での新ビジネスの創出を期待していると思います。

 本学の産学連携活動においても、研究成果と産業界の要望との整合性を取ることが重要であり、連携のテーマや取り組み方についてもさらに工夫・検討討議していくことが必要と考えます。このためには経営同友会会員および会員企業の産学連携活動への理解もさらに深めていくことが重要と考えます。

 また、平成28年度は会員相互の連携を深める広報活動の一環として、経営走友会15年誌編纂委員会を結成し、散在していた本会の過去の記録を集大成し、「15年史」を発刊できたことは今後の本会のあり方を検討する上でも貴重な成果を得たものと思います。

 さらに、平成27年度に続き、平成28年度も会員の増強活動を積極的に実施し一定の成果を得ましたが、会員の世代交代時期にも入ってきているため、さらなる会員の勧誘が平成29年度の課題と考えております。

 

1.新規会員の獲得

 

 会員からの紹介や各種名簿の調査等により会員候補を選定し、直接訪問して参加を依頼するなど、新規会員の獲得に努めた結果、8名に新規参加をいただくことができました。しかし、残念ながら高齢等の理由により6名の退会がありましたので、会員数は2名の増加に留まりました。また、入会申込書、会社概要、委員会参加申込書をホームページより入力可能にして、参加希望者の利便性を向上させました。

 

2.会員の相互連携

 

①会員名簿改訂版発行

  会員の情報を更新し、平成28年度版会員名簿を発行しました。

②特別講演会開催

  年2回の外部講師を招聘した特別講演会を開催しました。

 ・第45回特別講演「努力は運を支配する」

    三菱電機株式会社 社友 末木 孝幸 氏 (154名参加)

 ・第46回特別講演「IoTがもたらす豊かな未来に向けて」

    富士通株式会社 代表取締役社長 山本 正巳 氏

                              (229名参加)

③研究紹介

  本学の先生に研究発表をしていただき学内研究の広報に努めました。

 ・「サステイナブルなエネルギー・炭素循環を支えるスマートフォレストIRTの開発」

    東京電機大学 未来科学部

    ロボット・メカトロニクス学科 准教授 岩瀬 将美 氏

④活動紹介

  「東京電機大学における産学連携活動の紹介」

    東京電機大学 研究推進社会連携センター

              研究コーディネーター 亀井 隆夫 氏

⑤会員懇親会の実施

  学園の関係者、校友会の関係者、講師の方々と有意義な懇談をいたしました。

 

3.シーズとニーズの融合と産学連携

 

①企業ニーズと学園シーズのマッチングを実施し、若手会員より企業ニーズを収
 集しました。

②大学の研究室、特別研究施設見学会の開催をしました。

  (株)近計システムを高橋研究室に紹介して企業ニーズと研究室シーズをマッ
 チングさせることができました。

③産学連携事業として高橋研究室と鎌倉市の「古都の歴史的景観3D化」事業、
 「仏閣の劣化現状調査」事業を実施しました。

④CRCと協力して「研究実用化会議」を産学連携の一環として開催しました。

                 (参加企業 9社 参加人数 32名)

 

4.経営セミナーの開催

 

  アドバイザーによる経営セミナーを開催しました。

    講 演 「農業における国際協力」

         株式会社アースフィールドジャパン

                     執行役員 山口 健一 氏

    講 演 「科学技術と国際協力」

         株式会社RIOM international trading

                     代表取締役 沖 雄一 氏

 

5.東京電機大学校友会との連携

 

  特別講演会 開催案内の広報や校友会関係者の参加等のご支援をいただき
 ました。

 

6.「東京電機大学経営同友会15年史」を発行しました。

 

  (同友会会員、学園関係者、校友会関係者、校友会代議員に
 配布しました)

以上